ファリネのバリバリ効いちゃう使用法とチョーお得購入法

ファリネを安く買いたいと思っていらっしゃる方に朗報です。
でも、そのお話をする前に、私の手汗経験を聞いてください。

 

手汗の原因ていろいろあるみたいで、驚きました。

 

とくに病院へ行って相談したことはないんですが、

 

私は姿勢がよくありません。

 

手汗の原因の一つに、自律神経の乱れがあるようです。

 

自律神経の失調には、姿勢の良しあしが関係しているといわれています。

 

最近意識して、姿勢よくするように心がけています。

 

意識して、自律神経のトレーニングをするようにしています。

 

ちょっと難しい話になりますが、発汗刺激となる自律神経は、交感神経です。

 

交感神経をコントロールする方法、つまり、自律訓練法を身に付ければ、

 

汗をかくん字ないかなという良き不安を軽くすることができるので、汗を減らす効果があります。

 

手汗だけでなく、姿勢がいいときれいだし、なんかすっきりとした気分になりますね。

 

歩き方も勉強中です。

 

深呼吸して、美しい姿勢で、ゆったりと。

 

そんなイメージでいますよ。

 

 

そんな私ですが、ファリネはいつも持ち歩いています。

 

ここぞというときには、心強い味方です。

 

持ってるだけで安心感が違いますね。

 

手汗対策用制汗パウダーのファリネは、公式ホームページからの通販で販売してますよ。

 

それから、毎日使うものだから、安心安全は大事ですね。

 

私が、安心して使っている理由に、ファリネを開発した方が、同じ女性で、やはり手汗で悩んでいたのを知ったことがあります。

 

小さい子にも安全な成分で肌が荒れない事、かゆみがでないことなどに配慮されています。
安心・安全でいつも使えるという思いと、これからというときには必ずパタパタしときます。
これで安心と思うんですよね。それもまたいい結果につながっていると思います。


気になれば気になるほど汗ばんできます。手汗が

手のひらの多汗が発症し、それが多汗恐怖症にまで発展してしまう過程で、もつとも中心となる心理的原因は、患者さんが「手のひら」 のみに注意を集中させすぎることにあります。 眠れない夜に、「眠ろう、眠ろう」と、眠ることそのものに注意を集中すればするほど目が冴えてしまい、ならばいっそ朝まで起きていようと開き直ったとたんに眠ってしまった、 ということがよくあるのは、既にお話しした通りです。
ロゴセラピーとは、「強すぎる欲求はかえって望むものの実現を不可能にし、逃避はかえって恐れるものを出現させる」という人間の心理を、対人恐怖等の治療に応用しようというものです。
多汗恐怖の患者さんと面接していると、しばしばこんなことを聞きます。
「何年もの間、私は出かけるときにハンカチを何枚ももたないと外出できません。外出先では一時間ごとに手を洗います。人前ではなるべく手を握って汗がたれないようにしています。
冬ではポケットに手を入れたままです」
これらは、すべて汗を抑えよう抑えようと注意を手のひらに集中している行為にほかなりません。汗から逃避している態度なのです。これでは、逆に恐れる汗を出現させてしまうことになってしまいます。
そこでロゴセラピーでは、これらの行為や考え方の逆をあえて行うという、逆説志向を取り入れます。ロゴセラピーの生みの親である、ヴィクトール・フランクルが多汗恐怖の患者さんに使った次のような言葉が、逆説志向の本質をよく表しています。
「きのうはまだ1リットルしか汗をかいていない。それでは今日はひとつ10リットルばかりかいてやろう」
すなわち、ロゴセラピーとは、「汗をかくまい」とすればするほど緊張して汗をかくのなら、 いっそ「どのくらい汗がかけるものか試してやろう」と開き直ることによって、ク緊張クを遠ざける、いわばク開き直り療法クといってもよいでしょう。

 

「そんな単純なことで治ったら苦労しない」と思う向きもあるかもしれませんが、これが意外と有効で、しかも効果がすぐ出やすいのです。精神分析や行動療法がとても時間がかかるのに対し、この方法では、たった一回の面接で発汗が激減したというケースもあります。
ただし、執着性の強いタイプの人には、開き直りの発想自体が、かえって意識を症状に向けることになり、逆効果になる場合もあります。そこでそうしたタイプの患者さんには、過剰な自意識を何か他のものに仕向けたり、社会の他の何かを目指して生きることに意味を見いだすように、意識をより高い次元に向かわせることも大切になります。
「あなたは自分の手のひらの汗を観察するために生きているのですか」「あなたの人生に与えられた価値は汗以外にはないのですか」と問いかけ、「人間は汗の多少でその存在意義が評価されるのではなく、人生にはそれ以外の別の意味や価値がたくさんあるのだ」ということが、心から実感できるように実存的な説明を加えてあげることも大切です。

 

ファリネを持っているだけで、安心材料だから、ファリネを持ち続けることは、とても多汗症の人には、良いこと。

気持ちを落ち着けるための呼吸法、これが手汗に効くんです

自立訓練法およびそこから派生する系統的奪還作法は、薬などを使用せずに大いに治療効果を得られることから、精神性発汗治療の第つの選択肢として非常に有効です。ファリネおすすめですね。
しかし実際に自立訓練法を練習すると、相当な時間と労力がかかり、途中で投げだしてしまう人がかなりいます。これではせっかくの自立訓練法を、多感恐怖の治療に10分生かすことはできません。
そこで私は多感恐怖の1ために誰もが簡単にマスターできる自律訓練の簡便法を考案しました。私の簡便法は、夜寝る前の30分くらい、布団の中で練習を続けることによって、系統的奪還作法に10分応用できるだけの弛緩反応が得られるように工夫されています。しかし、その下にもひとつ、弛緩反応を10分承知させるために、絶対必要な訓練があります。簡便法を行う前に、まず正しい呼吸法を見つけてほしいのです。実はこの正しい呼吸法を明日するだけでも、ある程度発汗が減少することもあります。一般に、臓器をコントロールしている自律神経系を意志によって自由に働かせる事は出来ません。意図的にいの全道を強くしたり、血管を収縮して血圧をあげたり、心臓の鼓動を早くしたりすることは不可能です。
しかし、唯一意識的に早くしたり遅くしたりすることのできる自律神経系の働きがあります。俺が呼吸です。そしてその呼吸法試合することによって、間接的に他の臓器の働きをコントロールすることは可能なのです。
例えば息を早くし、空気を激しく出し入れすれば心臓の鼓動も速くなり、血圧も上がります。逆にゆっくりと深呼吸をすると、心臓の鼓動も遅くなり、血圧も下がり、全身の筋肉の緊張も低下します。
同時に呼吸は、人の精神にも影響します。ゆったりと深く深呼吸をしているときは、脳波はα波状態になります。これは心が落ち着いた状態です。もっと安静した呼吸を続ければ、うとうととした催眠状態になります。脳波はθ波を記録しますこの波はひらめきやアイデアを生み出す脳波だといわれています。ですから、自立訓練法で効果的な弛緩反応を得るためには、すくなくとも脳波がα波になるような呼吸法をマスターする必要があるのです。ファリネなら大丈夫。
ファリネ、大事に使います

手汗の人みんな集合。みんなの話を聞こう

夫は治りましたよ
夫も昔から汗かきでよく手のひらにも汗をかいていました。でも最近、漢方薬で治りました。手のひらなどに汗をかきやすいのは水分代謝が悪いからだそうです。
水分代謝改善される漢方薬を飲み始めて1週間くらいで、手のひらに汗をかかなくなりました。夫が飲んでいた漢方薬は1ヶ月4,000円。町の漢方薬局で購入しました。薬剤師さんは、夫の舌の状態を見てお薬を処方していました。ちなみに漢方飲んでいた期間は3ヶ月間です。薬やめて2ヶ月経ちますが、今のところサラサラな手のひらを維持しています。
いちど町の漢方薬局で自分の体質・状態を診てもらうのも良いかもしませんよ。

 

漢方薬と手の汗
手のひらの汗は、温熱性発汗とは異なり、水分代謝とは関係ありません。もしその漢方薬が効果があったとしたら、薬を飲んでいるという安心感によるプラセボ効果でしょう。漢方薬を飲んで汗が減少した人ならば、その漢方薬を続けても良いと思います。しかしすべての人に同じような効果は期待できるわけではありません。過大な期待の結果の失望は、逆に汗が増えることになりますので注意しましょう。

 

 

当事者以外にはまったくわからない辛さ
わたしもレベル2またはレベル3位です。
人に相談するとだいたい誰だって汗をかくんだよ、気にしなければなんでもないでしょう。なんてことをおっしゃいます。この辛さは当事者にしか判らないものです。
トイレから出てきた後、手を洗ったのに拭かないでべちゃべちゃの手で握手されて平気な人はまずいないと思います。ああいう状態のまま握手せざるを得ないところがとても辛いです。たいてい露骨に顔をゆがめられるのでとてもへこみます。嫌われたくはない人に、心底憎しみのこもった目で見られるので。
人に嫌われたくない一心で藁にもすがる思いで医者に行くと、右の言葉が帰ってきます。インターネット時代になって関係情報が流布されるようになってきたので、1人で悩んでいた頃と比べて楽になりました。

 

ひとりで悩まない
手のひらの汗の悩みは非常に個人的なものですので、悩んでいる本人以外の他人には、その辛さがわからないものです。患者の気持ちを理解すべき者でさえ、たかが汗くらいで気にしない、気にしすぎですよといった態度で接することがあります。そうため汗で悩んでいる人は、自分の悩みを人に分かってもらえない。という孤独感を持ち、社会から逃避して、閉じこもる傾向があります。
ひとりで悩まずインターネットの情報サイトを利用して、同じ悩みの仲間と交流するなど、積極的に社会に出ることも大切でしょう。

 

ファリネを使えば、もっと早いですね。

あなた悪い汗でていませんか。汗はいい汗だけじゃないんです

発汗が大切だということは、これまでのお話でご理解いただけたと思いますが、 一口に汗と言っても、汗には「よい汗」と「悪い汗」があることはご存じでしょうか。
汗の成分は99パーセント以上が水です。それ以外の成分としては、紙めてみれば分かるように塩分がほとんどです。ほかに微量ですがカリウム、マグネシウム、亜鉛、鉄、重炭酸イオンなどeミネラルや電解質、さらに乳酸、尿素などの老廃物が含まれます。
「汗は尿と同じ排池物」と思っている方が意外と多いのですが、これは間違いです。確かに汗は微量ながら老廃物も含みますが、尿のように排池を目的としたものではありません。
実は、汗の成分は、血液の血築の成分を薄めたものと同じなのです。
発汗には水分さえあればいいわけですから、別にミネラルなどの栄養分が入っている必要はありません。それどころか、汗をかくたびに栄養分を排出してしまっては、人類は生きて腺はまだまだ純粋の水を汗として分泌できるようにはなっていないのです。

 

そこで、汗腺は血液から血球を除いた血葉を汗として汲み出し、血策の成分だけ血液に再吸収して、その残りの水分を汗として出しているのです。この血管に戻すための漁過機能が、汗腺の再吸収という大切な働きです。
ファリネで治るんです。
ところが現実は、まだ再吸収の機能が完壁に仕上がっていないため血管から汲み取った血葉のごく微量の成分が一緒に体外に排出されてしまうのです。

 

この漁過機能により多くの血葉成分を再吸収できた汗を「よい汗」、血染成分を十分に再吸収できなかった汗を「悪い汗」と私は呼んでいます。

 

よい汗の特徴は、小粒で濃度が薄く、水に限りなく近い成分です。そのため皮膚面で蒸発しやすく、
しかも血策の成分を含まないので体温調節を効率的にできる有効な汗といえます。
一方、悪い汗の特徴は、大粒で濃度が濃く、ネバネバしています。皮膚面で蒸発しにくいので、体温調節の効率が悪いうえに、身体に必要なII、ネラル分が含まれていますから、大量にかけば夏バテなどの慢性疲労や、熱中症の原因ともなってしまうのです。

 

さて、それではよい汗をかくためにはどうしたらよいでしょうか。
実は、汗腺の機能は汗をかけばかくほどほど高まるという性質を持っています。逆に汗をかかないでいると、汗腺の機能は低下していくのです。中でも汗腺の機能でもつとも低下しやすいのが、「よい汗」と「悪い汗」を決定する汗腺の再吸収力なのです。
ですから、汗をどんどんかいて汗腺を鍛えるのが、よい汗をかく一番の近道なのです。

 

手汗も関係あるのかな。
ファリネで治る。

 

 

 

手汗が止まっても、ワキ汗が気になって手汗出ちゃうなんてニオイが気になるから

汗をかくとやはりニオイは気になります。
ファリネはニオイには効かないです。
でも、わきの汗と、手の汗はちょっと違うみたいです。
どうしても、手汗がひどいので、わきの汗も人より多いんじゃないかなって思っているのは私だけかな?

 

ファリネの公式ホームページには、このように書いてありました。

ニオイの元となる汗

アポクリン汗腺から出る汗は、たんぱく質や脂肪を含み粘り気があり、塩分がほとんど含まれていないため、細菌が繁殖しやすく、その発酵臭で独特のニオイがワキガとなります。

 

ニオイのない汗

エクリン汗線は主に体温を調整するための汗腺で、ここから分泌される成分は、99%が水分、残り1%の成分は、尿素、アンモニア、ミネラル(カルシウム)などが含まれており、ニオイは発生しません。

 

手のひらには、汗の出る汗腺 (エクリン腺 ) が多くあるのでもともと汗をかきやすい場所です。

 

そのため、暑さ以外に緊張や興奮で汗ばむという精神性発汗が起きるのは普通の反応です。

 

特に手汗は自律神経 (交感神経) が影響して起こります。

 

人の体は興奮状態の「交感神経」とリラックス状態の「副交感神経」がバランスよく保たれており交感神経が優位になると体が緊張した状態になり、手汗をかきます。

 

どんな人でも、実は、手に汗をかいているのですが、気になるくらい手に汗をかく人というのは汗が出てくる汗腺 (エクリン腺 )の量が人より多く、それ原因で手の平からたくさん汗が出てきます。

 

といった感じです。

 

でも、夏場はやっぱり手汗よりもワキガが気になります。

重曹っていろいろ使い方があるんですね

重曹はパンのふくらし粉として知られていますが、正式名は、炭酸水素ナトリウムというナトリウム化合物です。小麦粉のパン生地が膨らむのは、重曹が加熱されると、分解されて気体の二酸化炭素ができるからです。また、重曹は、アルカリ性の性質があり、酸性の胃酸を中和しますので、昔は胃薬としてよく使用されました。
実は、重曹の体臭予防効果はこの 「アルカリ性」 の性質によるものです。
アポクリン腺やェクリン腺さらには皮脂から分泌されるニオイ成分には、酢酸、酪酸、プロピオン酸といった酸性傾向を示すものが多いのですが、これらは重曹の「酸ーァルカリ中和反応」 で、無臭化されるのです。
体のニオイ成分だけでなく、生ゴミや冷蔵庫、排水溝といった場所に発生するニオイは酸性のものが多いため、重曹は「台所のニォイ消し」としても有効です。
また重曹のニオイ抑制作用は、その「殺菌作用」も関係しています。皮膚面に住む細菌は、 酸性状態では繁殖しにくいのですが、逆にアルカリ度が高くても棲みにくいのです。
重曹は「酸性臭」 には効果的なことがわかりましたが、アンモニアなどの 「アルカリ性臭」 にはどうでしょうか?・
実は、アンモニアなどのアルカリ性ゃほかの中性に近いニオイ成分にも、重曹は消臭効果があります。それは、重曹は水に溶けると、ナトリウムイオン(+)と重炭酸イオン(一) に解離し、これらのイオンがニオイ成分の極性をイオン交換反応で中和するからです。重曹が食器などの 「汚れ落とし」に効果的なのもこのようなイオン反応によります。
以上のように、重曹は、安全、安価で 「身近なデオドラント剤」 でもあるのです。
女性の場合、衣類の肢にあたる部分に色がつき「シミ」になると、お気に入りの洋服が着られなくなるので、汗やニオイ以上に衣類の 「黄ばみ」 で悩む人は多いのですが、その対策にも重曹が使えます。