プロミスが利用できる時間帯は?

借り入れ限度額を増額のおススメリンク集

プロミスが利用できる時間帯は?

プロミスの営業時間は?

プロミスは消費者金融業者でもトップクラスの大手です。指定銀行の口座があれば最短10秒と言う圧倒的な早さでル入込をしてくれる「瞬フリ」や、カードもいらないWeb完結サービス、無利息期間【※Web明細とメールアドレスの登録が必要】、ポイント制度など様々なサービスで人気になっています。そんなプロミスの営業時間についてまとめてみたいと思います。プロミスでは申し込みにネットや自動契約機、三井住友銀行ローン契約機、電話、店頭窓口、郵送を利用することができます。ネットの場合は24時間365日申し込みOKです。自動契約機を使う場合は土日祝日合わせて9時から22時が営業時間です(一部の店舗で異なる場合もあります)。三井住友銀行ローン契約機は、土日祝日合わせて9時から21時までとなっています。【※契約機により営業時間・休日が異なります】

自動契約機よりも1時間ほど早く営業時間が終わるので注意しましょう。電話の場合は土日祝日合わせて9時から22時で、自動契約機と同じ営業時間です。「お客様サービスプラザ(店頭窓口)」では平日10時から18時の限定した受付時間になっています。

借入の場合の対応時間帯

プロミスが利用できる時間帯は?


プロミスから借り入れる方法はいくつかありますが、基本的な振込キャッシングとATMでのキャッシング対応時間帯について説明します。まず振込でのキャッシングですが、どこの銀行の口座に振り込んでもらうかで状況は変わります。もしジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座を持っているのなら振込してもらえる時間帯が拡がります。三井住友銀行は毎週日曜日の21時から翌月曜日の7時までの10時間と元旦を除く時間帯であれば、24時間振込受付が可能で、しかも10秒という早さで振り込んでもらえます。またジャパンネット銀行であれば、毎週月曜日の0時から7時と元旦を除く時間帯で、同じく最短10秒振り込みを受けられます。これらの口座を持つメリットは、土日祝日であっても問題なく借りられることです。もしこれらの銀行口座がなければ他の銀行口座への振込となります。その場合は、平日の0時から9時まで受付をすませればその日の9時30分頃に振込がなされます。9時から14時50分までの振込依頼であれば最短10秒ほどで処理されますが、それ以降の時間帯や土日祝日となると次の営業日の9時30分頃になってしまいます。

 

※【追記】これまで、ジャパンネット銀行と三井住友銀行の口座を持っている人だけが、24時間最短10秒の瞬フリ(即時振込)が可能でしたが、2018年10月15日より、※@その他の金融機関に24時間最短10秒で振り込み可能となりました。※@その他の金融機関とは全銀システムに加盟すり金融機関で稼働時間拡大に参加した金融機関の事です。詳しくはプロミス公式サイトの金融機関一覧をご覧ください。

 

ATMを利用する場合は、プロミスATMが平日・土日祝日7時から24時までの対応です。【※ATMにより営業時間、休日が異なります】
提携ATMは問い合わせが必要ですが、毎週月曜日の0時から7時の間は全ての提携ATMが利用不可能になるので覚えておきましょう。ちなみにプロミスの自社ATMや三井住友銀行のATMでは手数料がかかりませんが、提携ATMではかかるので注意です。

 

 

【↓↓プロミスの公式サイト↓↓】

 

プロミスの公式ページはコチラ

 

 

【↓↓プロミスの増額方法↓↓】
プロミスの限度額を増額する方法

 

プロミス限度額の増額審査と増額方法はコチラ